×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


家財道具リースする事例
「家具を買い取ります」といった広告からお金を渡し、その家財一式はリースと言った形で貸出し、家具のリース料として法外な金利をとります。 最終的には家具一式を買い戻させるのが目的ですが、金利が高いのでいつまでも続いてしまいます。

<<手口のポイント>>

1)家具や家財道具を買い取ったということでお金を貸す
2)買い取った家具は引き取らずにそのまま置いている
3)利用者にその買い取った家具をし出す、というリース契約を結びリース料として法外な金利をとります。

この新手の闇金の手口は貸金業ではなくリース業なので出資法に違反していないと主張してきます。熟知した専門家に相談するのがよいでしょう。

闇金を熟知した専門家


▼▽▼ 闇金被害の相談 ▼▽▼闇金トラブルはいずれバレます。最小限抑えるためには早期解決が必要!▼▽▼ 闇金被害の解決 ▼▽▼
どこの専門家に相談!?

闇金交渉が嫌いな専門家に依頼している場合だと値段が闇金対応の事務所に比べて高かったり、 解決までに時間がかかったりする恐れがあるので、闇金に対して熟知している専門家に依頼するのがオススメです。

ヤミ金対応の専門家が
選ばれる理由とは?



介入した場合、催促や嫌がらせが止まることが多いですが、なかには悪質な業者ではエスカレートすることもあります。 そんな時も専門家に一任できます。ヤミ金被害で困った事は無料相談を利用してください。

【ヤミ金被害】のご相談は
ジャパンネット法務事務所



闇金の手口
返済すればいつ迄も続く
恥と体面が狙われる
家に行くという

闇金被害
経営者を狙った被害例
家財道具リースする事例
質屋をかたった手口
ソフト闇金の被害

自分でヤミ金問題を解決するなら各地の消費生活センターも相談に乗ってくれる機関のひとつです。

人によって闇金問題の対応方法が違います!最適な方法を提案します!
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

(c)闇金被害の相談
税理士紹介